海外製品の飲む日焼け止めフェーンブロックとはどういったもの?

飲む日焼け止めサプリメントで話題のきっかけとなったのが、フェーンブロックです。このフェーンブロックとはどのような採用があるのか、チャックしてきます。

フェーンブロックは特許商品

フェーンブロックとはアフリカに生息すくシダ植物の抽出物です。
PLエキスを多く向く成分で特許を所得しています。
では、PLエキスとはどういったものなのでしょうか。
光防御分野の第1人者の皮膚科医フィッツパトリックの研究で発見され、
その効果は紫外線によるシミやシワを予防する効果があるよいわれています。
皮膚科学会では臨床結果も発表されてるもので、フェーンブロックが配合されているサプリメメントは海外ではヘリオケア・日本製ならノーブなどがあります。

メカニズム

フェーンブロックのメカニズには免疫防御機能、抗酸化作用・DNA保護作用・皮膚構造維持作用の4つがあります。
免疫防防御は、肌にある免疫細胞の正常にはたらかせ、日焼けや、日焼けによる炎症赤みを防止
抗酸化作用は紫外線によって発生する活性酸素を取り除く、抗酸化作用があるので、シミ、シワをできにくくする肌が作れます
DNA保護はDNAを保護する役割、それは紫外線によって肌のNDAが破壊され皮膚ガンなどができます。皮膚ガンへの保護作用があるのです

皮膚構造維持は肌のハリを保っているコラーゲンや繊維芽細胞へのダメージを軽減する抑制してくれます。シミやシワを守る作用です。

フェーンブロックの注意点

紫外線から守るには友好的な成分ですが、アレルギーの発症する可能性もあります。フェーンブロックはシダ植物を主成分としたものなので、シダアレルギーの方は発疹や花粉症などをアレルギー症状を悪化させる可能性があります
また4歳未満の子供には臓器が未発達なので、胃・腸・肝臓などに負担をかけます。

妊娠中や妊婦も安全確認が行えていないので、ひかえておきましょう
何かの病気で薬を飲んでいる方も、飲みあわせで薬の効果を半減させてしまう可能性があるので、医師に相談してからにしましょう。